minecraft_serverでのワールド再作成方法

作成されたワールドが気に入らない時や、新しいワールドで遊びたくなった場合のワールド再作成方法です。

ワールド再作成

一度作成されたワールドの再作成は、ワールドデータが保存されているディレクトリの名前を変更するか、ディレクトリの削除を行うことでワールドの再作成を行うことができます。

ワールドデータ保存ディレクトリ

ワールドデータが保存されているディレクテトリは、「server.properties」の「level-name」で設定されています。

初期状態では、「level-name=world」と設定されていて、「minecraft_server」をインストールしたディレクトリ内にある「world」ディレクトリに、ワールドデータが保存されています。

ワールド再作成作業手順

ワールドを再作成作業の流れは下記の通りとなります。

  • minecraft_server停止
  • worldディレクトリの名前変更 or 削除
  • minecraft_server起動

minecraft_serve停止

サーバのコンソール上から「stop」コマンドを実行する等で、「minecraft_server」を停止させます。

worldディレクトリの名前変更

今回は「world」ディレクトリの名前を「mv」コマンドで変更する方法で説明していきます。

$ mv world world_yyyymmdd

worldディレクトリの削除について

ワールドの再作成を行う際に「world」ディレクトリをいきなり「rm -Rf world」とかで削除しても良いですが、後でまた削除しようとしているワールドで遊びたくなることも考えられるので、私は念のために「mv」コマンドでディレクトリの名前を変えてしばらく様子をみて、本当に必要ないと判断できるようになってからディレクトリの削除を行っています。

minecraft_server起動

ワールド保存ディレクトリの名前を変更しましたら、「minecraft_server」を起動させます。

「minecraft_server」を起動すると、自動的に「world」フォルダが再度作成され新しいワールドが再作成されますので、実際にクライアントからログインし確認してみてください。

シェアする

フォローする

コメント

  1. コマリョウ5033 より:

    Aternos(マインクラフトサーバー)で自分が作ったワールドで遊べるようにする方法を教えてください。

    • tamohiko より:

      コマリョウ5033さん

      「Aternos」を使ったことが無いので、詳しいことはわかりませんが。
      ワールドのアップロード方法であれば、YouTubeで「Atermos」さんが解説されていましたよ。
      説明文は英語ですが、動画で解説されていたので解りやすいと思いますよ。

      https://youtu.be/01UzrsP589E

      作業の流れを簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

      (1)worldデータをzipで圧縮
      (2)サーバをofflineにする
      (3)サーバ管理画面から「Worlds」をクリック
      (4)表示された画面の「Upload」をクリック
      (5)zipファイルを選択してアップロード
      (6)サーバの起動

  2. LMAAAN より:

    資源ワールドの再生成を1週間に一回、時間を6:00に設定したいのですが、[CentOS7+Spigot] で可能でしょうか?可能でしたら手順を教えてもらいたいです。

    • LMAAAN より:

      ごめんなさい。やっぱり1ヶ月がいいです。

      • tamohiko より:

        LMAAAN さん

        ワールドを定期的に再作成する方法についてですが、下記のような内容のシェルスクリプトを作成し、/etc/crontabで定期的に実行する設定を行えば良いと思います。

        1. spigotの停止
        2. ワールドデータ格納ディレクトリの移動
        3. spigotの開始

        【スクリプト例】

        下記の条件でワールドを再作成するシェルスクリプトを作成してみました。

        ・spigotインストールディレクトリ /home/spiadmin/spigot
        ・spigot起動スクリプト spi_start.sh
        ・spigot停止スクリプト spi_stop.sh
        ・ワールドデータ格納ディレクトリ world world_nether world_the_end
        ・spigot実行ユーザ spiadmin

        環境によって適宜変更する項目はあると思いますが、参考になれば幸いです。

        #!/bin/bash

        WORKDIR=/home/spiadmin/spigot

        cd $WORKDIR

        # spigot stop
        ./spi_stop.sh &&

        # world data dir rename
        mv world world_`date +%Y%m%d-%H%M%S` &&
        mv world_nether world_nether_`date +%Y%m%d-%H%M%S` &&
        mv world_the_end world_the_end_`date +%Y%m%d-%H%M%S` &&

        # spigot start
        ./spi_start.sh

        【スクリプト動作試験について】
        念のためspigotを停止してからインストールディレクトリを丸ごとバックアップしてください。
        その後、spigotを起動させてから作成したスクリプトの動作試験を行ってください。

        【スクリプトの注意点】
        再生成されるワールドは毎回異なるワールドが新規作成されます。
        リネームした再生成前のワールドデータディレクトリは自動的に削除さることなくそのまま残り続けます。
        そのため、ワールド再生成後に問題が無いようであれば手動でデータを削除する必要があります。

        【/etc/crontab 設定例】

        毎月1日6:00にワールドを再作成させたい場合は、下記のような設定となります。

        0 6 1 * * spiadmin /home/spiadmin/spigot/world-reset.sh

        まずは、ちょっと先の日時を設定して動作確認を行ってみてください。
        それで問題なく動作するようでしたら、希望する日時を設定してください。

        以上となります。

        • LMAAAN より:

          ありがとうございます!
          やってみます!

          • tamohiko より:

            LMAAANさん

            スクリプトで設定しているワールドデータが格納されているディレクトリ名などは、適宜資源ワールドのものに変更してくださいね。